トップ:>>>誰でもできるダイエットへ

ためしてガッテンより引用


ためしてガッテン
  「?」にお答えします〜ダイエット・湿布・紅茶〜
2004年2月18日放送

関連リンク
「紅茶! 実験1000回見つけた極意」
 紅茶の?「電気ポットだとジャンピングしないんだけど?」

電気ポットでティーバッグをジャンピングさせることは難しい。なぜなら、電気ポットの
お湯は長時間高温で加熱・保温されているため、空気が少ないからです。ではどうす
ればよいのでしょうか?

手軽な電気ポットとティーバッグを使って、おいしい紅茶を入れる方法を、実験500回
を追加して見つけました!
 「電気で元気にジャンピング」

実験:空気を補給するため、電気ポットにコップ1杯の水を足してみました。カップに注
いだ1杯目のお湯ではジャンピングしませんが、2杯目以降ではジャンピングしました。

1杯目がジャンピングしないのは、電気ポットにはタンクと注ぎ口をつなぐ「管」がある
からです。水量計も兼ねているこの「管」には、常に水が入っています。タンクに新し
い水を足しても、この「管」の中には十分新しい水が入らないため、空気が十分に補
給されません。よって、管の中に入っていた水が入る1杯目ではジャンピングしないの
です。

差し水の量は、コップ1〜2杯が目安ですが、電気ポットに残っている水量により異なり
ます。
・電気ポットに差し水(コップ1〜2杯)
・再沸騰をかける
・沸騰直前で入れる。(電気ポットから湯気が出始めるのが沸騰直前)
・1杯目はカップを温めるのに使う。
・2杯目のお湯をカップに注ぎ、ティーバッグを静かに入れる。
・ティーバッグが浮かび、沈むのを待つ。(およそ2分半)



※ジャンピングはおいしい紅茶を入れる方法の一つですが、絶対的な条件ではありま
せん。嗜好品なので、皆さんそれぞれが美味しいと感じる入れ方がベストです。

「電気ポットでジャンピング」のまとめ:「差し水+2杯目から」
関連リンク
「知ってスッキリ! 湿布
の新常識」
 湿布の?「効くの効かないのいったいどっち?」

前回の番組では「湿布は肩こりを緩和しない。肩こりのつらさを緩和する」とお伝えま
した。

肩こりは「筋肉がこわばる」もので、「つらさ(痛み・だるさ等)」を伴います。湿布は「つ
らさ」を和らげる薬ではありますが、「筋肉のこわばり」をほぐす薬ではありません。(つ
らさが和らぐことで、つらさが引き起こす二次的なこわばりは解消できます)

にもかかわらず、前回の放送を見て「全く効かないんだ」と思った方は、湿布に「筋肉
のこわばり」を解消する効果も期待していたため、そのように思ってしまったのではな
いでしょうか?

いわゆる温湿布・冷湿布の場合、主成分は消炎鎮痛剤「サリチル酸メチル」「サリチル
酸グリコール」などが含まれています。また、補助的な成分として、局所刺激成分の
「カプサイシン」(温湿布)「メントール」(冷湿布)が含まれています。
 「温湿布、温める効果あったか〜?」

温湿布は、実際に体を温めているのでしょうか?

実験:湿布を貼ってから5時間、肩の皮膚表面温と、皮下2センチの深部体温を計測し
ました。表面温は変動はするものの、貼る前の温度を大きく上回ることはありません
でした。また、深部温はほとんど変化しませんでした。

湿布が体を温めてコリをほぐしているとは考えられません。厚生労働省も、商品のパッ
ケージに「温めてほぐす」等のキャッチコピーを表記することは不適切だという見解で
す。

主成分の消炎鎮痛剤は痛みを抑える効果を持っていますが、直接「筋肉を柔らかくす
る」という効能は認められていません。

ただし、処方する医師の中には、「筋肉を柔らかくする」効果があるという見解もありま
す。「消炎鎮痛作用が働いて、筋肉の緊張が和らぎます。これにより、筋肉がもとの
状態に戻っていき、柔らかくなっていきます。ただし、非常に大きな個人差がありま
す」。

しかし「湿布を貼ると筋肉が柔らかくなる」ことを裏付けるデータはありませんでした。
湿布に「筋肉のコリをほぐす」ことまで期待するのは、過剰な期待であるといえます。

この結論は、全ての湿布にあてはまります。湿布には、第一世代(いわゆる温湿布・
冷湿布。消炎鎮痛成分はサリチル酸メチル、サリチル酸グリコールなど)と、第二世代
があります。第二世代は消炎鎮痛剤としてインドメタシン配合のもの、フェルビナク配
合のもの、ケトプロフェン配合のもの、フルルビプロフェン配合のものがあります。第二
世代は比較的強力な消炎鎮痛剤の作用を持ちますが、筋肉をほぐすものではありま
せん。

しかし、貼り方によっては、「つらさを緩和する」湿布も、そもそもの「筋肉のコリ」をほぐ
すのに役立てることができます。
 「湿布は貼り時が大切」

ある腰痛持ちの男性は、日頃痛みが増していく午後に湿布を貼っていましたが、激痛
は防げても、痛みから解放されることはありませんでした。

主治医に助言を求めると、「この男性の腰痛は、筋肉の疲労が蓄積して痛みが増すタ
イプの腰痛です。疲労による腰痛は、翌日に痛みを持ち越さないことが大切です」との
ことです。

そこでこの男性は、1日で痛みが最も小さい風呂上がりに貼ることにしました。すると、
翌日以降の痛みが和らぎ、腰痛はずいぶん軽くなりました。

風呂上がりは筋肉の緊張が和らいでいて、血行も良くなっていたため、痛みが小さく
なります。湿布の「つらさ緩和」の効果を、筋肉の和らいだ状態を保つことに役立たせ
ることで、患部を快方に向かわせることもできるのです。(痛みが原因で緊張・疲労・
痛みの悪循環になる場合、痛みを取り除ければ患部が快方に向かうことが多い)

「コリをほぐす」には風呂の他にも、軽い運動、ストレッチなどが効果的です。これらの
直後に湿布を貼るとよいでしょう。痛くて動きづらい時は、湿布を貼ってからストレッチ
などを行っても効果があります。

※打撲・捻挫の直後など、患部を冷やして安静にするのが望ましい症状もあります。
※痛みの原因には、重要な疾患が潜んでいる場合があります。医師の診断を受け
て、原因を突き止めることも大切です。

湿布の効果のまとめ:「湿布の効果はつらさ緩和。うまく使って緊張解消へ」
関連リンク
「みつけた!ダイエットに
成功する本当の理由」

「計るだけダイエット」記
録用紙のダウンロード


 計るだけダイエットの?「最近、減らなくなったんだけど?」

最初は調子よく減っていても、グラフが横這いになってしまうと、以前のように体重が
減って右下がりのグラフを見ていたときのような快感が得られなくなってしまいます。
この問題を乗り越えるコツを探るため、前回の番組に登場した方々を4か月ぶりにた
ずねてみました。
 「目盛りが語るダイエットのメモリー・その1」

Aさんは、前回の放送では順調に減量できていました。ところが現在は、82キログラム
から84キログラムの間を激しく上下動する横這いの状態です。前回の放送後にウォー
キングを始め、計るだけダイエットを楽しく続けています。大きく増える日には、断りき
れない付き合いでの飲食がありました。しかし最近、ある宴会の翌朝に計ってみると、
予想を1.2キログラム下回り、体重は前日と同じだったのです。実は、Aさんの体には
重要な変化が起きていました。

Aさんの体重が増えなかった理由として、2つの理由が考えられます。
・「思ったほど実際は食べていない」
食べ過ぎないことが習慣として定着した。
・「食べ過ぎてもすぐ元に戻る体に変化」
以前よりよく体を動かすようになり、代謝がよくなった。



つまり、体質が改善されて、体重が増えなくなったという、「喜ばしい横這い」だったの
です。
 「目盛りが語るダイエットのメモリー・その2」

さまざまなダイエットに失敗してきたBさんですが、現在も計るだけダイエットは続いて
います。開始4か月で、体重は4キログラム減りました。最近グラフは長い横這いが続
いていますが、本人は「すごくいい状態」と言っています。しかしグラフをよく見ると、横
這いを続けつつも、わずかに減っている時期も見られました。

専門家の話:
「横這いは飢えから体を守るメカニズムの表れです。食事が減ると、体は飢え死にし
ないように脂肪をため込むので、体重が減らない時期があります。しかし、体が慣れ
てきて飢え死にしないとわかると、また体重が減りはじめるのです」

つまり、横這いの後にはきっと「下がる」時期が来ます。このことを知っていると、横這
いの人も楽しくつづけられるはずです。

計るだけダイエットのゴールの目安として、統計的に病気になるリスクが最も少ない
「標準体重」があげられます。

身長(メートル) × 身長(メートル) × 最小で18.5、最大で25.0(キログラ
ム)

例:身長160センチ(1.6メートル)の場合、最小で1.6×1.6×18.5=47.4キログラム、最
大で1.6×1.6×25.0=64.0キログラムとなります。

標準体重は、「目指すべき体重」という意味ではありません。肥満気味の人は、3キロ
グラムやせるだけでも健康に相当よい効果があります。反対に、長年肥満だった人が
無理に標準体重に近づけようとすると、健康に悪影響を与えることもあります。

(このページは、ガッテンからの引用ページですので、リンク切れはご容赦ください。)

>>>誰でもできるダイエットへ

スローライフ・トップに戻る